名牝誕生の予感 優駿牝馬オークス2018 本命はアーモンドアイ

東京競馬場 直線

 

久々の競馬予想です。

 

オークス来ましたね。

今年の3歳勢はレベルが高い。しばらくはこの世代が日本競馬界を引っ張っていく気がしています。

 

本命はアーモンドアイ。

 

牝馬クラシック一冠目の桜花賞ではラッキーライラックを本命にしました。

ラッキーライラックは石橋脩騎手がうまく乗ってこれ以上ないそつのない競馬で私はガッツポーズで直線半ばまで見守っていたのですが、圧倒的な末脚で勝ったのはアーモンドアイでした。

 

馬券はハズレ。

しかしアーモンドアイが強すぎて次走オークスは間違いなく本命にしようと決めました。

 

そのアーモンドアイの桜花賞でのレース振りですが、まずゲート。

出遅れたわけではないのですが、一歩目が遅く、後方からの競馬。

 

通常ならここで、コースロスをしないために内に入れて馬の後ろで脚をためるのですが、鞍上ルメール騎手は外を回します。

 

外を回すと馬場のいいところを終始走らせることができ、包まれる心配もなくなりますが、カーブでは距離的にほかの馬よりかなり長く走ることになります。

 

それでも4コーナー置かれることなくついていきます。

しかしそれでも最後方。

 

直線に入った時点では、馬券になりそうもない位置です。

 

前残りでレースはどんどんゴールに近づいていく中、アーモンドアイは一頭大外からためていた脚を開放していきます。

 

鞍上持ったままで差が詰まっていきます。そして鞍上がGOサインを出すとあっという間にラッキーライラックを抜き去り完勝。

 

アーモンドアイにはまだ余裕がありました。

鞍上も相当自信があったのか、次回のオークスに向けてわざと大回りで試走したようにも思えてきます。

管理する国枝調教師も実はオークスではなくてダービーに出したがっていたという噂もあります。

 

ロードカナロア産駒ということで距離不安説があります。

しかし、ロードカナロア自身がスプリンターかというとそうでもなく安田記念などマイル実績もありました。

マイルでは足りないといわれるとそうなのですが、あのウォッカのイメージで考えています。

ウォッカはまだ背中のゆるい3歳の時点では距離が持ったが、体の完成に伴って、マイル色が強くなっていったようにアーモンドアイも将来的には使える距離が短くなるとしても、現時点では2,400mに十分対応できると思います。

 

折り合い面に不安もなく、恐らくギアを一段残したまま、ここも突破してくれると思います。

牝馬三冠を達成してジェンティルドンナ、ブエナビスタ、ウォッカのような名牝に名を連ねてくれることを願います。

 

対抗は桜花賞で2着のラッキーライラック。

桜花賞では包まれるのを避けるために序盤に出した分だけ終いが甘くなった感がありますが勝ちにいく上では最善の走りでした。

 

今回は府中の2,400m。

よほどのことがなければ内で脚をためるような走りでも前を捌けるのではないかと考えています。

距離は伸びたほうがよさそうなので、死角があるとすれば2走続けて前目の競馬をしていることでしょうか。

 

単穴はサトノワルキューレ。

フローラステークスが圧巻でした。

この日の府中は、内目の前が止まらない典型的な前残り馬場で後ろから行く馬は壊滅状態でした。

 

そうした馬場を最後方大外一気で差しきるわけですから相当な力があります。

 

今週土曜の府中の結果を見ると、一番人気がかなり勝っていました。

実力どおりの結果になる目算が強いと思います。

 

馬券的には三連単で。

一着アーモンドアイ

二、三着にラッキーライラックとサトノワルキューレの二点。

 

押さえで上記3頭ボックス馬券も買っておきます。

 

たらればを言えばキリがないので、これで外れたら仕方ないですね。

当たりますように。

 

 

JUGEMテーマ:競馬馬券予想

13.戦場写真 in Snow three A社製1/12塗装済完成品クレーテのカスタム&リペイント

クレーテ 冬季迷彩 リペイント

 

今回は、ちょっとだけ趣向を変えて戦場写真風といいますか、「雪原あるいは寒冷地の基地にいるクレーテ」の態で撮ってみました。

 

というのも、撮影している最中に偶然自衛隊機と思われるヘリが飛んでまして、ふと「偵察機にみつかった無人機クレーテ」というシチュエーションも面白いかなと思ったのでした。

 

こちらがそのヘリです。

 

ヘリ

 

「アルファ3よりオメガ1へ。哨戒中の雪原にてクレーテを一機発見。クレーテは北北西へ進軍中。繰り返す…」

 

12.冬季迷彩 撮影編 three A社製1/12塗装済完成品クレーテのカスタム&リペイント

 

ヘリから確認されるクレーテ

雪原を単騎進軍中。

 

12.冬季迷彩 撮影編 three A社製1/12塗装済完成品クレーテのカスタム&リペイント

 

アップで確認されてしまうクレーテ

 

クレーテ 冬季迷彩 リペイント

 

ま、お遊びなんですが、ちょっと画像補正も入れて寒風吹きすさぶ雪原を往く、あるいは基地内で野ざらしのクレーテの雰囲気が出ればと思います。

 

クレーテ 冬季迷彩 リペイント

 

雪というか氷というか、の上を進む…

 

クレーテ 冬季迷彩 リペイント

 

 

クレーテ 冬季迷彩 リペイント

 

なんだか「スターウォーズ帝国の逆襲」の雪のシーンみたいですね。

スノースピーダーとか飛んでそう。

 

クレーテ 冬季迷彩 リペイント

 

すごく寒そう…に見えればいいな。

 

クレーテ 冬季迷彩 リペイント

 

 

クレーテ 冬季迷彩 リペイント

 

上記の画像はかなり画像補正をかけて雰囲気を出してみました。

 

クレーテ 冬季迷彩 リペイント

 

クレーテ 冬季迷彩 リペイント

 

 

クレーテ 冬季迷彩 リペイント

 

 

クレーテ 冬季迷彩 リペイント

 

 

 

クレーテ 冬季迷彩 リペイント

 

この上記全体像は、一番かっこいいと思われるアングルを探していろんな角度で撮影しました。

 

クレーテ 冬季迷彩 リペイント

 

 

クレーテ 冬季迷彩 リペイント

 

クレーテ 冬季迷彩 リペイント

 

クレーテ 冬季迷彩 リペイント

 

クレーテ 冬季迷彩 リペイント

 

 

クレーテ 冬季迷彩 リペイント

 

砲塔いろいろ。

 

ようやっとこれで画像だらけも終わりにしたいと思います。

 

ありがとうございました。

 

JUGEMテーマ:Maschinen Krieger(マシーネンクリーガー)

12.冬季迷彩 撮影編 three A社製1/12塗装済完成品クレーテのカスタム&リペイント

クレーテ 冬季迷彩 リペイント

 

前回の第11回の記事をもって終了とするつもりだったのですが、性懲りもなくまた撮影をしましたので画像をアップします。

 

前回はかなり日差しの強い日に撮影したのですが、もっと冬季迷彩寄りの画像が欲しいと考え、曇天の日に撮りました。

 

アングル的にどうしても前回と被るものがありますがテイストを変えて撮影しているつもりです。

 

では早速。

 

全体像

いわゆる4面図のような感じで撮りました。

 

クレーテ 冬季迷彩 リペイント 右

 

クレーテ 冬季迷彩 リペイント

 

クレーテ 冬季迷彩 リペイント

 

P5133338.jpg

 

クレーテ 冬季迷彩 リペイント

 

クレーテ 冬季迷彩 リペイント

 

クレーテ 冬季迷彩 リペイント

 

クレーテ 冬季迷彩 リペイント

 

真横からのアングルはちょっと味気ないような気がしますが意外と視線的にはレアな角度だと思いますので載せておきました。

 

次は、ディテールをいくつかご覧ください。

 

スモークディスチャージャー

 

クレーテ 冬季迷彩 リペイント スモークディスチャージャー

 

クレーテ 冬季迷彩 リペイント スモークディスチャージャー

 

クレーテ 冬季迷彩 リペイント スモークディスチャージャー

 

スモークディスチャージャーは今回の工作的にもっとも難しかったところです。

完成品のためバラしていじれなかったため、かなり勘に頼って作業しました。

 

またデカールのバランスが非常にうまくいった部分かなと思います。

発射後のスス汚れもよいアイデアだったのではないかと思っています。

 

 

クレーテ 冬季迷彩 リペイント

 

装甲板の取り付け直しは工作的には楽しいところでした。

全体のシルエットにも影響するところで工作の山場のひとつでした。

 

 

クレーテ 冬季迷彩 リペイント 装甲板

 

この部分のテクスチャーはかなり複雑に出来ました。

識別帯のイエローが目立つ色なので全部持っていかれてもおかしくないのですが、目がいくのはむしろ、経年でじわりと錆付いて汚れたあたりではないでいしょうか。

 

 

クレーテ 冬季迷彩 リペイント

 

クレーテ 冬季迷彩 リペイント

 

クレーテ 冬季迷彩 リペイント

 

クレーテ 冬季迷彩 リペイント

 

クレーテ 冬季迷彩 リペイント

 

 

 

クレーテ 冬季迷彩 リペイント

 

クレーテ 冬季迷彩 リペイント

 

脚部は画像の多さが物語っていますが思い入れの強い部分で、上方のボディ部分と違って土汚れやら泥やら、水にさらされてくたびれている状態を目指しました。

寒さでジンジンに冷えてしまっている鋼鉄の脚です。

ところどころ冬季迷彩のホワイトが残り、一方で泥汚れも付いている、そんなイメージで塗りました。

 

 

クレーテ 冬季迷彩 リペイント

 

クレーテ 冬季迷彩 リペイント

 

クレーテ 冬季迷彩 リペイント

 

膝部分の小さな装甲であるこの板は、ほかの部分に勝るとも劣らぬリアリティが出てくれたように思います。

ある方からは「この板はまるで1mくらいあるように見える」と言っていただきました。

 

もう一回塗れと言われてもできないと思います。

 

クレーテ 冬季迷彩 リペイント

 

この部分は普段あまり見ることのない部分ですがデカールを入れて退屈にならないようにしました。

ディテールが詰まっている部分は、意外と目を引かない部分にもなるのでデカールがアイキャッチになればと思います。

 

クレーテ 冬季迷彩 リペイント

 

クレーテ 冬季迷彩 リペイント

 

クレーテ 冬季迷彩 リペイント

 

ライト部分は識別帯の塗りがうまくいった部分です。

 

クレーテ 冬季迷彩 リペイント

 

機関部のスス、オイル染みが熱で上がってきて、こびりついている感じです。

 

クレーテ 冬季迷彩 リペイント

 

クレーテ 冬季迷彩 リペイント

 

背面はオイル垂れを

オイル部分だけツヤを出してぬめっと濡れている感じにしました。

ここも機関部同様にススやオイル汚れが熱とともに上へこびりついています。

寒冷地ではここから熱気がもうもうと上がっているのが蜃気楼のように見えているんじゃないかな、と妄想しています。

 

クレーテ 冬季迷彩 リペイント
レンズ
クレーテ 冬季迷彩 リペイント
レンズが光る…

 

冬季迷彩で全体にツヤがない状態ですので、レンズは唯一光沢感をアピールできる部分です。

ブルーやピンクなどはあるのですが、こうした深い色味のレンズパーツはいまは手に入りにくいと思います。

 

クレーテ 冬季迷彩 リペイント

 

クレーテ 冬季迷彩 リペイント

 

砲塔上面は、ともするとのっぺりとして退屈になってしまう場所なのですが、さび汚れを入れることで単調になるのを回避しています。

 

クレーテ 冬季迷彩 リペイント

 

クレーテ 冬季迷彩 リペイント
ワイヤー

 

ワイヤーはなかなか面白いアイデアになったかと思います。

 

前作はロープで張ったのですが、やはりワイヤーのほうがアンテナを吊るのにしっくり来ると思います。

 

クレーテ 冬季迷彩 リペイント

 

P5133376.jpg

 

エンジン部はホワイトのデカールを入れることでちょっとしたアイキャッチになったと思います。

色も塗ってはいるのですが、もとのイメージからあまり遠くならないようにしました。

 

前回とはだいぶ違う雰囲気の画像になりました。

 

次回はさらに冬季迷彩の雰囲気を出したものをアップします。

 

JUGEMテーマ:Maschinen Krieger(マシーネンクリーガー)

11.撮影編 three A社製1/12塗装済完成品クレーテのカスタム&リペイント

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

リペイント作業が終わり、撮影しました。

ちょっと枚数多いですが画像をご覧ください。

 

全体像

似た画像もありますがいろいろなアングルから

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

P5043287.jpg

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

P5043259.jpg

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

P5043250.jpg

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

 

砲塔部分

レンズを付ける前に撮影したものも一部あります。

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー
レンズが光ってます!

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

機関部

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

アンテナ、ライト、スモークディスチャージャーなど

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー
影がかっこいい

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

脚、その他

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

続いてはクレーテ兄弟です。

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

旧作と新作の揃い踏みです。

なめくじさんのが27号機で私のは57号機です。

番号に意味はないのですが、同じ7を使ってみました。

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

手前味噌ですが正直よくここまで塗装の雰囲気を再現したと思います。

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

しかしやっぱり新作の方が塗装にメリハリがありますね。写真映えも含めて断然新作の方がいい出来です。

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

こういうことを書くとクレームが入りそうですがこの出来ならどこかのコンテストに出してもそれなりに票を集めてくれる気がします。

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

青空がきれいでよく映えます。

 

カメラについては、露出や絞りなど基本的なところはなんとなく理解しているつもりですが、正直出しゃばったことは言えません。

 

一応、撮影状況を記載しておきます。

 

カメラはオリンパスのミラーレス一眼(借り物)で望遠レンズを装着したものです。
カメラを固定したうえでかなり望遠を利かせています。

 

撮影場所は早朝屋外。

 

ブラウンのパラフィン紙を背景にしています。

 

撮影時間が早朝なのは、ひとつには夜明け近くの、太陽光がなるべく横から来る状態で撮影したかったからです。昼間の上からの光だとディテールが影になって見えなくなってしまうのと横からの光はなぜか撮影対象が巨大に見えるんです。
巨大に見えると実機感が出るんですね。

もう一つ早朝なのは理由がありまして、この時期、日中はかなり気温が上がってきますので、全国的なことだと思いますが、海や大気の寒暖差で風が強くなりやすいのです。


風が強いとビッグスケールのクレーテとはいえ転倒したりして壊れてしまうこともあるのでそれを防ぐ為です。

 

また撮影場所が屋外なのは上記の撮影時間が早朝であることともつながってくるのですが、太陽光が欲しかったのです。太陽光だと影がビシッと出るので、それがカッコよくて実機感が増すんです。

 

それから撮影時はセルフタイマーを使っています。カメラは固定しているのですがシャッターを押すときにブレてしまうので、それを防ぐためです。

 

撮影も終わり、このクレーテともお別れです。

 

完成が近付くと気付くのですが愛着が湧いてくるといいますか、作業を終わらせたくないような気持ちの一方で、早く完了したいというような相反する不思議な気持ちになります。


作業中はうまくいかないときもあるので、早く終わらせたいという気持ちが強いのですがこうして完成を見るとやった満足感が強くあります。

 

クレーテのリペイントという機会をくださったなめくじさんに感謝いたします。

これにて完成といたします。

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

JUGEMテーマ:Maschinen Krieger(マシーネンクリーガー)

10.デカール three A社製1/12塗装済完成品クレーテのカスタム&リペイント

ありったけのデカールを引っ張り出す

デカールを貼りましょう!


工作、塗装、ウェザリングと数々の試練(?)に耐え抜いてきたクレーテに最後のディテールを加えます。

 

デカールは手持ちのものとスケールに合いそうな物を物色してきました。


このデカール貼りの作業をすると全体が締まって見えてくるので個人的には非常に好きな作業です。


しかしながら楽しみな一方で貼る位置や密度感はセンスが試される部分でもあるのでやりすぎないように気をつけて粗密の塩梅を大事にしたいと思います。

 

クレーテは意外と曲面がフクザツでどの面やラインに合わせて貼るかで印象が変わってきます。

デカールについてはあまり説明も要らないかと思いますので、結果の画像を並べていきたいと思います。

 

砲塔前面上部。

 

砲塔前面上部 クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

ここは前から見ると造形的にはおもしろいのですが、白、黒、識別帯と色味がともすると単調になるので小さく赤色のあるデカールにして極小の差し色にしました。

 

ライトはこんな感じで。

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

ボディの前面。

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

胸ボタン。

 

胸ボタン クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

装甲板。

 

装甲 クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

膝のところの装甲板。

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー


わざとちっちゃいデカールにしました。

 

スモークディスチャージャー。

 

スモークディスチャージャー クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー


ここはすごく雰囲気出たかなと思います。

 

筒一つずつに同じデカールを載せて配線部分に注意書き。

 

機関部。

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー 機関部

 

ここは貼るか迷ったのですが…貼りました!

 

機関部のそばのフレーム。

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

特徴的なディテールである砲塔後方の部分。

 

丸いところ クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

脚。

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー 足付け根

 

砲塔後ろの部分。

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー 煙突

 

側面パネル

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー パネル

 

脚部鉄板

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー 足

 

ボディ背面側

 

背面 クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー

 

いや〜しかしこれだけ接写した画像だとなんだか緊張しますね。

 

ちなみにデカールはマークセッターという接着剤で貼りました。
このマークセッターは、デカールの軟化剤と接着剤が一緒になったもので貼る面への追従と接着力が強力です。

 

それからデカールのシルバリング(貼ったデカールの表面が光の反射で光って見えること)を緩和するためにデカール貼付後に光沢と半光沢とつや消しのクリアーを吹きました。

 

光にかざすとよくわかりますが、デカールのシートの部分が反射で光っています。

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー シルバリング
デカールがシートごと反射で光っています

 

こうなるといかにもデカールを貼ったという感じになるのでこれを抑えるためにクリアーを吹きます。

 

すると塗装面とある程度ツライチになって光沢感が統一されるため目立ちにくくなります。

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー シルバリング抑制
上の写真と比較するとデカール単体のてかりはだいぶ抑えられました

 

クリアーについては金属のでている部分は光沢を、冬季迷彩部分はつや消しを、半光沢は脚等に、場所によってツヤ感に差を出してみました。

 

クレーテ T.W.-47 KROTE Maschinen Krieger ZbV3000 Ma.K. 塗装 リペイント マシーネンクリーガー クリアー

 

あとはレンズをはめ込んで完成となります。

 

次回はいよいよ撮影です。

 

JUGEMテーマ:Maschinen Krieger(マシーネンクリーガー)